//

Let's Share

Search NEW POST

モバイル保険の概要になります。

ひとときも手放せなくなったiPhoneなどのスマートフォン。肌身離さず持ち歩いているものなので、トラブルはつきもの。スマートフォンが故障して使えなくなってしまったら一大事です。
修理したいけど、修理費用がかかるので画面が割れた状態で使用している方や以前利用していたスマートフォンを出してきて使う方もいらっしゃいます。修理するにしても急な出費は本当に痛いですよね。
そんな修理費用を一切気にすることなく安心して使ってもらいたいという思いからモバイル保険が誕生しました。
このモバイル保険はモバイル端末の補償に特化した保険ですので、Appleが提供している「AppleCare+」やdocomoが提供している「ケータイ補償サービス」、Softbankが提供している「あんしん補償パック」などの各社補償サービスよりも優れている点がたくさんあります。
ここではモバイル保険の優れている補償内容を徹底解説します。
 

1契約で最大3台まで補償

モバイル保険は1契約で最大3台まで補償されます。
 
モバイル保険は新規でご購入されてから1年未満のモバイル端末であれば申込み可能です。1年以上経過していてもDappleで修理し動作確認で異常がないiPhoneや、Dappleで中古iPhoneを購入した場合も申込み可能です。
iPhoneやAndroidなどのスマートフォンだけでなくiPadなどのタブレット端末、Macbookなどのノートパソコン、iPodやWalkmanなどの音楽プレーヤー、AppleWatchなどのスマートウォッチ、SONYやbeatsなどのイヤホンやヘッドフォン、PSPやNintendoDSなどの携帯ゲーム機、モバイルルーター、デジタルカメラなど、BluetoothやWi-Fi、赤外線などの通信が可能な故障していないモバイル機器も申込み可能です。
1契約で最大3台まで端末を登録することができますので、ご家族のスマートフォンをモバイル保険にまとめたり、複数台のモバイル機器をモバイル保険にまとめると非常にお得です。登録された機器はすべて補償されます。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

年間10万円まで修理費用を何度でも補償

モバイル保険は年間10万円まで修理費用を何度でも補償します。
 
スペックが向上したり、機能が増えることでモバイル機器の修理費用は高騰化しておりますが、モバイル保険は修理可能な場合は主端末であれば1年間に10万円まで、副端末でも1年間に3万円までなら何度修理しても費用が補償されますので安心です。
また水没・水濡れなどの基板の損傷で修理不能の場合や盗難の被害に遭われた場合は買い替える必要がありますが、モバイル保険は修理不能や盗難の場合でも主端末は25,000円、副端末は7,500円が補償されますので、買い替え時の自己負担額を抑えることができます。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

お客様負担額(免責)0円

モバイル保険は補償適用時のお客様負担額は0円です。
 
各キャリアなどの補償サービスでは補償で修理する時も修理費用の一部をお客様が負担しなくてはなりませんが、モバイル保険では補償額(最大10万円)の範囲内であればお客様の負担なく全額補償されます。全国どこの修理店で修理しても全額補償されます。
お客様専用マイページから保険金を請求すると、5営業日以内に指定口座に振り込まれるため、一時的な立替えだけで済みます。
今後、提携修理店では修理費用を支払うことなくキャッシュレスで修理が可能になる予定です。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

保険料はなんと1日わずか24円(月額700円)

モバイル保険の保険料は1日わずか24円です。
 
モバイル保険の保険料は月額で700円(非課税)で、1日あたりで換算するとわずか24円です。モバイル保険は最大3台(主端末1台+副端末2台)まで補償されますので1台あたりの保険料は月額233円、1日にするとわずか8円となり非常にお得です。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

「人」にひもづき補償は永年継続!

モバイル保険は人に紐づくから補償は永年継続できます。
 
各キャリアなどの補償サービスでは端末ごとに加入しなければならないため、補償期間内に買い替えたりすると補償が終了して、さらに重複して月額費用がかかってしまうこともありますが、モバイル保険は「人」にひもづく保険になりますので、端末の買い替え、キャリアの乗り換え、新たにモバイル端末を購入しても、解約してWi-Fiで使う場合でもモバイル保険のお客様専用マイページで端末の変更をするだけで補償が継続・適用され、重複して月額費用がかかることがありません。
また一部の補償サービスは補償期間が決まっており、補償期間後は補償を受けられませんが、モバイル保険は加入している限り永続的に補償を受けられます。モバイル端末が高騰している現在、長く使われる方も安心です。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

幅広い事故をモバイル保険でカバー

モバイル保険は幅広い事故をカバーできます。
 
モバイル保険の補償対象となる事故は、、画面割れなどの「外装破損」、カメラ不良などの「故障」、全損などの「損壊」、「水濡れ・水没」の他に、一部の補償サービスでは対象外になっている「盗難」も補償の対象となります。
擦り傷や汚れ、焦げなどの本体機能に直接影響のない外形上の損傷や紛失、また消耗品であるバッテリーの寿命は補償の対象外です。
 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

モバイル保険のくわしい説明動画

 
モバイル保険申し込みボタンです。
 

お申込み方法

モバイル保険の申込み方法です。
 
モバイル保険のお申込み方法は保険料のお支払い方法によって異なりますのでご注意ください。
保険料のお支払い方法がクレジットカードの場合、記事にある「モバイル保険を申し込む」をクリックして進んでください。ご不明な点がありましたら、お電話にてお問い合わせください。
保険料のお支払い方法が口座振替の場合、店頭でのお申込みになりますので、下記Dapple各店舗へお越しください。店舗名をクリックすると各店舗のホームページに移動します。
 
Dapple名古屋緑店
Dapple名古屋栄店
Dapple豊田店
 
Dapple名古屋緑店とDapple豊田店はペイジー設置店舗ですので、キャッシュカードでお手続き可能です。お手続きの際は暗証番号の入力が必要です。
 
#iPhone修理
#アイフォン修理
#iPhone買取
#アイフォン買取
#モバイル保険
#Applecare
#アップルケア
#Applestore
#Apple
#docomo
#au
#SoftBank
#Umobile
#iPhone8Plus
#iPhone8
#iPhone7sPlus
#iPhone7s
#iPhone7Plus
#iPhone7
#iPhoneSE
#iPhone6sPlus
#iPhone6s
#iPhone6Plus
#iPhone6
#iPhone5s
#iPhone5c
#iPhone5
#ガラス割れ
#液晶破損
#画面割れ
#バッテリー交換
#電池交換
#バッテリー膨らみ
#バッテリー寿命
#水没
#水濡れ
#ソフトウェア更新
#アクティベート
#SIMロック解除
#アクティベーションロック解除
#パスコードロック
#カメラ無効化
#格安SIM
#格安スマホ
#iPhoneケース
#液晶フィルム
#ガラスフィルム
#修理技能認定ショップ
#安心
#安全
#スピード修理
#即時修理
#最安修理
#豊田市
#toyota
#みよし市
#岡崎市
#安城市
#瀬戸市
#日進市
#東郷町
#西尾市
#刈谷市
#知立市
#日進市
#豊明市
#名古屋市
#天白区
#UQモバイル
#OCNモバイル
#IIJmio
#みおふぉん
#マイネオ
#楽天モバイル
#ケータイ補償
#あんしん保証パック
#修理代金サポート
#つながる端末保証
#AppleWatch
#Android
#スマートフォン
#Macbook
#surface
#iPad
#タブレット
#iPod
#Walkman
#音楽プレーヤー
#モバイルルーター
#DS
#3DS
#Nintendo
#NintendoSwitch
#PSP
#携帯ゲーム機
#デジカメ
#一眼レフ
#補償
#保険
#盗難
#全損
#insurance
#compensation

Go Top