//

Let's Share

格安SIM KAKUYASU SIM

U-mobileの格安SIM取扱中

「格安スマホ」「格安SIM」はドコモやauの携帯電話回線などの無線通信インフラを借り受けている事業者(MVNO)が提供しているサービスです。自社で基地局などの通信設備を持つ必要がないため、”格安”の料金で利用できるのが特長です。
「格安SIM」はSIMカードのみを契約し、端末はお客様でご用意するタイプで「格安スマホ」は端末とSIMカードをセットで契約するタイプになります。 Dappleでは橋本環奈さんがイメージキャラクターの「U-mobile」の格安SIMを取り扱っております。最大の特長はドコモ回線を利用したLTE使い放題プランを選択できることです!プランなど詳しくはU-mobile公式ホームページをご覧ください。
対応端末はドコモやSIMフリーのiPhone、AndroidスマホやiPad、タブレットになります。対応端末はこちらでご確認ください。もし対応端末をお持ちでなければ、中古端末がオススメです。Dappleでは中古端末を販売しております。
もっと「格安スマホ」「格安SIM」のことを知りたい方はMVNOマガジンをご覧ください。お申し込みはU-mobile公式ホームページからもできますが、Dappleの店頭ならしっかりと説明した上でご契約できますので安心です。
Dapple豊田店で格安SIMデビューをしてみませんか?圧倒的な安さにご満足いただけると思います。

SIMフリーiPhoneがおすすめ!

キャリアショップ(docomo、au、SoftBank)でiPhoneを購入すると、2年間にわたり毎月の料金から割引(月々サポート、毎月割、月月割)をしてもらえますが、この割引があるため2年間同一機種を使い続けないといけなかったり、2年経過したら新しい機種を購入しないと損した気分になったりします。
また、通話が少ないのにかけ放題プランにしないといけなかったり、不必要なオプションを付けないといけなかったり、必要のないアクセサリーを購入しないといけなかったりと、意外に機種変更時は高額になってしまいます。
他にも発売から6ヶ月間はキャリアSIMロックの解除ができないため、auやSoftBankでは格安SIMが使えない場合があったり、海外で利用する場合も高い料金で使わないといけなかったりします。シェアプランの場合は家族で通信量をシェアしているので、ご家族の誰かが使いすぎると家族全員の通信速度が制限されるということもあります。
そこで、Apple StoreもしくはApple Online StoreでSIMフリーのiPhoneを購入するのがオススメです!月々の割引はありませんが、SIMフリー端末なので格安SIMを使えば月々の料金は半額以下になります。
例えば、docomo、au、SoftBankで一番安いとされるプラン(通話かけ放題+データ通信2GB)で契約した場合、3社共に月額6,500円(税別)となりますが、Dappleで取り扱っている「U-mobile」の格安SIMで契約した場合、かけ放題ではありませんが、データ通信3GBで月額1,580円(税別)となり、毎月4,920円(税別)もお得になります。年間にすると59,040円(税別)もお得になるのです。必要のないオプションなどに加入する必要がないため、さらにお得になります。
海外に行かれる方は、SIMフリー端末なら現地の空港等で販売されている格安プリペイドSIMが使えるのでさらにお得になります。
通話が多い方はガラケーを月額2,200円(税別)のかけ放題プランで持てば問題ありません!ガラケー端末はオークションサイトなどで安く購入できます。またAppleのiPhone下取りキャンペーンを利用すれば、今お使いのiPhoneを下取りに出すことでお得に購入できます。下取り価格はこちらで確認できます。
意外と知らなかったことがあったのではないでしょうか?格安SIM+SIMフリー端末が実は一番お得なんです。

格安SIMのよくある質問

SIMカードって何?

SIMカードとは携帯電話(スマートフォン)の中に入っているICチップの総称です。SIMカードは大きさによって3種類に分類されます。
●標準サイズのSIMカード(サイズ大)
●マイクロSIMカード(サイズ中)
●ナノSIMカード(サイズ小)
このカードのサイズによって機能的な違いはありません。各携帯電話(スマートフォン)の規格によってサイズが異なります。

「格安スマホ」「格安SIM」って何?

ドコモやauの携帯電話回線などの無線通信インフラを借り受けている事業者(MVNO)が提供しているサービスで、自社で基地局などの通信設備を持つ必要がないため、低価格でサービスが提供できるので「格安」と呼ばれていますするもので、「格安SIM」はSIMカードのみを契約し、端末はお客様でご用意するタイプ、「格安スマホ」は端末とSIMカードをセットで契約するタイプになります。

「MNO」「MVNO」とは?

MNOとは「Mobile Network Operator」の略で、ドコモ、au、SoftBankといった大手キャリア(移動体通信事業者)のことをいいます。一方MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、基地局などの通信インフラを大手キャリアに借り受けてサービスを提供している仮想移動体通信事業者のことをいいます。
ドコモに設備を借り受けている事業者をドコモ系MVNO、auの設備を借り受けている事業者はau系MVNOなどと呼んだりすることもあります。SoftBankの設備を借り受けている事業者は現在のところありません。
ちなみにU-mobileはドコモ系MVNOです。

「SIMフリー」とは何?

キャリアやMVNOを問わず、どのSIMでも使える端末。日本の大手キャリアから販売されている携帯電話やスマートフォンには、そのキャリアのSIMしか通信ができないようにロックがかかっていますが、SIMフリーの場合はこの制限がなく、他社のSIMに差し替えても通信ができます。
ただしSIMフリーの端末でも、キャリアの定める通信規格や電波の周波数に対応していない場合は通信ができない場合があります。

PICK UP

Go Top